トラバーサー

2018年1月 8日 (月)

トラバーサー車庫モジュールの製作(2) 台枠の製作

Img_4519
 
 本体モジュールは4mm厚のシナベニヤに、205×285mmの各穴をあけ、9×30mmの角材を木ねじで留めて、台枠としました。
 付属モジュールも、4mm厚シナベニアと、9×30mm角材で組みました。
 
Img_4517
 
 トラバーサーを仮にはめてみたところです。
 
Img_4518
 
 ただし、これでは線路高さがユニトラックと合いませんので、トラバーサー本体の下に3mm厚のスペーサーを挟まなければいけません。

トラバーサー車庫モジュールの製作(1) 基本構想

 2017年の年末にMiniTrixのトラバーサーを購入。2018年の年明けからトラバーサー車庫の製作にとりかかっています。
 まずは基本構想から。
 
 まず念頭に置いたのは、次の3つのことです。
 
1. 使い方の汎用性を高めるため、固定した線路配置にしない。
2. 我が家の本棚に収めて常時鑑賞し、随時運転できるようにするため、全長を740mm以内にすること。
3. 運転会に持っていくため、運搬用コンテナに収納する必要から、一つのモジュールの長さを480mm以内にすること。
 
 そのため、以下の構成としました。
Qs_20180108171429
 
 Aがトラバーサー本体モジュールです。MiniTrixのトラバーサーは出入庫線を含めて7線あり、車庫線はフレキ線路を使うような構成になっています。本モジュールではKATOのユニトラックを使いたいので、トラバーサーから車庫線への取り付け線路として、トラバーサ部分(図の灰色の部分)の右側に37.5mm、左側に33mmのユニトラック端数線路を固定することとしました。33mmの左側が車庫線で186mmのユニトラックを接続します。
 Bは付属モジュールで、248mmのユニトラックを並べます。モジュールBをモジュールAの右側に接続すれば、車庫線の数を最大13線にすることができ、モジュールAの左側に接続すれば、車庫線1線あたりの長さを長くとることができます。
 
Qs_20180108171628
 
 車庫線として用いる186mmおよび248mmのユニトラックは、あえて固定せず、ジョイナーで接続するだけとし、図のように側面から車両が進入するような場合など、いろいろな場合にも対応できるようにします。

2017年12月10日 (日)

トラバーサーがやって来た!

 minitrixからトラバーサーが発売されましたので、意を決してlippeで購入しました。

https://www.modellbahnshop-lippe.com/produkt/Trix/8-2-0-256992-004014-0-0-0-0-2-0-grp-gb-p-0/ein_produkt.html

 到着後、さっそく試運転。  さて、どうモジュール化するか、楽しみです。