車両

2017年12月23日 (土)

鉄コレナローDB1にデコーダ搭載

 鉄コレナローのDB1にデコーダを搭載しました。
 デコーダとしてはEM13を使い、キャブ内に搭載することにしました。
 
 まず、DB1をばらし、モーターユニットをとりだします。モーターにはプラ製のキャップがついていますが、伝導軸とは反対側のキャップのふたを、糸鋸とカッターで一部カットし、モーターの端子があらわになるようにします。
 
Img_4449
 
 次に、モーターの端子に接続されているアルミ板をカットして少し折り曲げ、モーター端子と電気的に切り離します。
 
Img_4450
 
 モーター端子と折り曲げたアルミ板に、リード線をはんだ付けします。
 
Img_4452
 
 モーター端子側のウエイトに絶縁のためにマスキングテープを貼り、モーターユニットを下回りにかぶせて組み立てます。
 
Img_4460
 
 モーターユニットカバーのうち、リード線と支障する部分の切り欠きを糸鋸で広げ、床板とモーターユニットカバーを上からはめます。
 
Img_4457
 
 本体のエンジンカバー天板に細長い穴をあけ、リード線を通して上からかぶせます。
 
Img_4459
 
 リード線を適当な長さに切りそろえ、デコーダ(EM-13)を配線します。
 
Img_4461
 
 エンジンカバーの側面と全面を取り付け、キャブ部分をかぶせて固定し、できあがりです。
 
Img_4463
 
 試運転の結果は上々。スローもよく利きます。アナログでの運転とは違って、ポイントの無電区間など、集電の怪しいところでは一瞬停止してまた動きますが、これはDCC特有の現象ですので、仕方ありません。

2017年10月10日 (火)

西鉄北九州線1000形

 鉄コレ 熊本市交通局5000形 (最終塗装車)を塗り替えて、西鉄北九州線1000形にしました。色はクリーム4号と湘南色黄かん色のツートンカラーです。地元北九州では「タクシー色」と呼ばれているそうです。北九州線の塗色は二転三転しましたが、私はこの時代の色が一番好きです。

Img_4245

Img_4250

 こちらは実物の写真。1978.12.24 砂津にて。

Img010

2016年11月23日 (水)

京都市電1800型

 11月運転会のために、びわ工房の京都市電1800を組みました。

Img_3540

 びわ工房のキットでは、動力はMODEMO都電動力を使うことになっているのですが、鉄道コレクションのTM-TR01を使いました。

 鉄コレ動力はMODEMOより幅が狭いので、車体側にプラ板でスペーサーを取り付け、幅の調整をしました。

Img_3532
Img_3538




2016年11月21日 (月)

京都市電5000型

 11月運転会のために、京都市電5000型を作りました。もちろん妄想の産物です。京都市電が存続し、LRTされたという想定の車両です。

 種車は鉄コレLRT3連接車。「LRT専用ケースⅡ」に付属していた無塗装車を、京都市電色に塗りました。窓周りは西武アイボリー、腰回りはMr.COLORの緑。屋根はねずみ色1号。オレンジの帯はびわ工房京都市電1800に付属していたデカールを貼りました。古いデカールで糊が怪しいのでトップコートを念入りに吹きました。

 窓とドアは、ガラスになる部分をマスキングして、枠のサッシを黒で塗ったのですが、マスキングに大変苦労しました。

Img_3530

2016年9月10日 (土)

鉄道コレクション京都市電2000を連結仕様に

 京都市電2000は一時期ラッシュ時に2両編成で活躍した時代がありました。そこで、鉄道コレクションの京都市電2000に、アーノルドカプラーを付けてみました。
 運転台の床下には、どうみてもカプラーポケットとおぼしき箱があります。現実にはカウキャッチャーと取り付け座として機能してるのですが、カプラーのセンターピン用としか見えない穴があいてあります。これは利用しない手はない。そこで、この穴に1.7φのビスをタッピング気味にねじ込んで立て、センターピンとします。
 カプラーはEF58用のアーノルドカプラーを使いました。センターの穴を1.7φに拡大し、カッターで厚さを少し削いでカプラーポケットに入るようにし、センターピンにはめて完成。
 TOMIXスーパーミニカーブ103Rも、140RのSカーブも順調に走ってくれます。

Img_3438

Img_3437
Img_3443

その他のカテゴリー