2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2019大晦日運転会 | トップページ | CDとCDケースを用いた簡易ターンテーブルの製作 »

2020年1月 5日 (日)

大和川電気軌道・本体モジュール

 大和川電気軌道は、中核となる本体モジュール群と、オプションとなるNホイホイモジュール群からなっています。伊丹や御殿場の運転会ではその時々のテーマに合わせてレイアウトを組みますが、2020年の新年運転会では、本体モジュールを本来の姿に組み、いくつかのオプションモジュールをつないでみました。これが本来の大和川電軌のレイアウトに近い姿といえるものです。

 3_20200105152201

まず、レイアウト全景です。

Img_6366

 付属となるトラバーサモジュールやループモジュールはこれまで何度か紹介しているので、今回は本体モジュールを中心に紹介します。
 本体部分は、高架鉄道に沿った市街地部分(大町地区)と、川(土居川)で隔てられた旧外国人居留区(出島地区)からなっています。線路配置としては全体が8の字のループになっていて、交差部分(十字街)には複線の渡り線があり、運転の自由度を高めています。 

●大町駅前

2_20200105152901 Photo_20200105155601

●十字街

 Img_6375Img_6394

  
●土居川

Photo_20200105155701  
 
●城門

Img_6378Photo_20200105160001

 写真に写っている城門は、現在は複線線路の上に置いてありますが、本来はここにガントレットモジュールをもってきて、その上に城門を置く想定です。 

●出島地区

Photo_202001051602014_20200105160201



« 2019大晦日運転会 | トップページ | CDとCDケースを用いた簡易ターンテーブルの製作 »

モジュール」カテゴリの記事

運転会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2019大晦日運転会 | トップページ | CDとCDケースを用いた簡易ターンテーブルの製作 »