2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 城門の製作 | トップページ | 2019.10伊丹運転会・阪堺&大阪LRT »

2019年6月 2日 (日)

ガントレットの製作

ガントレットの製作

Img_5790

 次回の運転会で、ヨーロッパの路面電車をテーマとするダイヤ運転をするにあたり、ガントレットを作成しました。旧市街から新市街へ出るために、狭い城門をガントレットでくぐるという想定です。
 ガントレットの製作法については、その昔NiftyServe鉄道フォーラムで伊吹麓郎さんが作成されたものを参考にさせていただきました。
 
 ガントレットを作るためには、レールの交差部分が必要です。そのために、KATO固定式ポイントを活用しました。

 まず、KATO固定式ポイントの先端レールを取り去り、先端部分の両側のレールを枕木から取り外します。これを2つ用意します。


 Img_5269

Img_5271

Img_5272

Img_5275

 次に、KATOフレキシブル線路の枕木をバラバラにして間隔を広げレールを一本外します。同じものをもう一つ作り、写真のように2つを入れ子状態に並べて、固定式ポイントの先端部分のレールを、編み込むように先ほどレールを外した犬釘の間に挿入していきます。

 

Img_5279

Img_5280

Img_5281

 

 
 もう片方にもKATO固定式ポイントの先端部分のレールを挿入し、写真のようにまとめます。
 Img_5282
 できあがったものをボードにゴム系ボンドで貼ります。ガントレット部分はほっておくとレールの張力のために隣接したレール同士がひっついてしまいますので、レール間に2mmのスペーサーをはさんだ状態で固着し、ボンドが乾いた後にスペーサーを取り去ります。
 Img_5287

Img_5286 
 この段階で試運転。通電が確実か、4本のレールがそれぞれ電気的に絶縁されているかどうかをチェックします。城門を乗せるといい感じ。
 Img_5293
 その後、敷石舗装を施して完成です。敷石舗装については
 http://danjo.world.coocan.jp/yam/const/flagstone/flagstone.htm
 こちら

Img_5770

Img_5776

Img_5783

 

 

 


 

« 城門の製作 | トップページ | 2019.10伊丹運転会・阪堺&大阪LRT »

モジュール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 城門の製作 | トップページ | 2019.10伊丹運転会・阪堺&大阪LRT »