« スマホでDCC(9)  JMRIの Start up 機能 | トップページ | トラバーサーがやって来た! »

2017年11月 5日 (日)

スマホDCC(10) モバイルホットスポットを使う

 DIgitrax から LNWI が発売され、スマホでDCCもぐっと簡単になりましたが、5人以上で同時運転をしたいとか、デコーダの設定をしたいとかいう場合には、依然としてJMRIを使ってpc+pr3+外付けルータが必要です。 今回は、このうち、PCでモバイルホットスポットの機能を使うことによって、外付けルータを省略する方法を紹介します。

 「モバイルホットスポット」とは、PCを無線LANルータ代わりにして、他の機器を無線でネットのつなぐ機能で、用途としては、例えば有線LANしかない環境でスマホをインターネットにつなぐようなケースが想定されます。Windows 10 Anniversary Update 以降で利用できます。それ以前のバージョンにはsoftAPという同様のソフトがあったようですが、私は使ったことがありません。
 ここでは、モバイルホットスポットの設定をすることで、JMRIをモバイルホットスポット経由でスマホにつなぐことが目的です。

Photo
(1)モバイルホットスポットの設定をする
 PCの、設定>ネットワークとインターネット>モバイルホットスポット
 で、モバイルホットスポットをONにします。
 ネットワーク名とパスワードは自由に編集できます。
(2)インターネットにつながっている無線ネットワークを切断する
(3)PC、PR3をロコネットに接続し、JMRIからwithrottle serverをスタートする。
(4)スマホのwifi設定で、モバイルホットスポットで設定したネットワークに接続する
(5)スマホでwithrolleアプリを起動する。

 これでうまくいきます。
 (2)をしておくことがポイントで、(2)の段階でPCにつながっているネットワークがモバイルホットスポットしかなくなるので、(3)の段階でwithrottle serverが自動的にモバイルホットスポットにつながるのだと思います。
 これで、運転会に持っていく機器を一つ減らすことができます(^^)。

« スマホでDCC(9)  JMRIの Start up 機能 | トップページ | トラバーサーがやって来た! »

スマホでDCC」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/546575/66006895

この記事へのトラックバック一覧です: スマホDCC(10) モバイルホットスポットを使う:

« スマホでDCC(9)  JMRIの Start up 機能 | トップページ | トラバーサーがやって来た! »