« スマホでDCC(8) LNWIを使う | トップページ | スマホでDCC(9)  JMRIの Start up 機能 »

2017年10月28日 (土)

KATO両渡りポイントモジュールにLED設置

 KATO両渡りポイントモジュールに転換方向表示用のLEDを取り付けました。
 KATO両渡りポイントは、4つのポイントで構成されていて、手動では個別に転換できますが、電動では4つ一度に作動し、全体としてパラレルかクロスかのどちらかに切り替わります。
 4つのポイントはいずれも選択式で、内部にスイッチを持っていて、先端レールの切替えと連動して、図のP、Qの部分のレールが開通方向に給電されます。開通していない側は無電となります。整理すると、下の表のようにスイッチングされます。
 
Qs_20171028160255
Qs_20171028161822
 これを利用し、PレールとNレール、QレールとSレールの間にLEDを接続すると、開通方向のLEDが点灯することになります。
 
Img_4302

Img_4304

 配線にあたっては、内部スイッチの接点にリード線をはんだ付けして、外側にリード線を引き出しました。また、LEDと直列に、電流調整用の抵抗と整流用のダイオードを挟んであります。DCCでの運転を前提としていますので、車両の進行方向にかかわらず、上の回路でLEDが点灯します。
 
Img_4307
Img_4305
 
 ポイント操作は電動を前提にしていますので、4つあるポイントのうち、1つだけの内部スイッチからリード線を引き出して、LEDを接続すればOKです。電動でパラレルに切り替えれば白のLEDが、クロスに切り替えれば黄色のLEDが点灯します。
 結果は良好です。最近の高輝度LEDはまぶしいほど視認性が良く、運転会でのウォークアラウンドには必須アイテムといえましょう。

« スマホでDCC(8) LNWIを使う | トップページ | スマホでDCC(9)  JMRIの Start up 機能 »

モジュール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/546575/65973679

この記事へのトラックバック一覧です: KATO両渡りポイントモジュールにLED設置:

« スマホでDCC(8) LNWIを使う | トップページ | スマホでDCC(9)  JMRIの Start up 機能 »