« スマホでDCC(6)ポイントコントロール | トップページ | 鉄道コレクション路面用動力TM-TR01にデコーダ搭載(1) »

2016年7月18日 (月)

スマホでDCC(7) 運転会で使ってみた

 JMRIを使った「スマホでDCC」、実際に運転会で使ってみました。

 2016年6月の御殿場運転会では、6人のメンバーが各自のスマホで6列車同時運転を行いました。iPhoneあり、iPadあり、Androidありの混成メンバーでしたが、多列車無線制御にありがちなトラブルも一切無く、快適な運転を楽しめました。
 ちなみに、無線LANルーターは NEC の Aterm WF800HP を用いました。
http://121ware.com/product/atermstation/product/warpstar/wf800hp/
家庭用の汎用品で、11acが使えるエントリーモデルと位置づけられている商品です。安売りしていたのをDCC無線運転専用として購入しました。
 DCC無線運転に用いる場合は家庭用のインターネットルーターと違って伝送速度はあまり問題ではありません。それよりは5GHz帯の周波数が使えることがトラブルフリーの鍵のようです。
 
 2016年7月の大阪・八尾運転会では、On30の運転に本システムを使いました。今回はDigitraxの無線スロットルDT402Rと混在させて使用しましたが、まったく問題なく使えました。2人がiPhone、2人がAndroid、一人がDT402Rの5人で運転しました。
 席上、次はz21と混在させるかというジョークも出ましたが、それはさすがに意味ない(^^;)。

Img_3237_2
Img_3231
Img_3233
Img_3232_3



« スマホでDCC(6)ポイントコントロール | トップページ | 鉄道コレクション路面用動力TM-TR01にデコーダ搭載(1) »

スマホでDCC」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/546575/63930855

この記事へのトラックバック一覧です: スマホでDCC(7) 運転会で使ってみた:

« スマホでDCC(6)ポイントコントロール | トップページ | 鉄道コレクション路面用動力TM-TR01にデコーダ搭載(1) »