2017年11月 5日 (日)

スマホDCC(10) モバイルホットスポットを使う

 DIgitrax から LNWI が発売され、スマホでDCCもぐっと簡単になりましたが、5人以上で同時運転をしたいとか、デコーダの設定をしたいとかいう場合には、依然としてJMRIを使ってpc+pr3+外付けルータが必要です。 今回は、このうち、PCでモバイルホットスポットの機能を使うことによって、外付けルータを省略する方法を紹介します。

 「モバイルホットスポット」とは、PCを無線LANルータ代わりにして、他の機器を無線でネットのつなぐ機能で、用途としては、例えば有線LANしかない環境でスマホをインターネットにつなぐようなケースが想定されます。Windows 10 Anniversary Update 以降で利用できます。それ以前のバージョンにはsoftAPという同様のソフトがあったようですが、私は使ったことがありません。
 ここでは、モバイルホットスポットの設定をすることで、JMRIをモバイルホットスポット経由でスマホにつなぐことが目的です。

Photo
(1)モバイルホットスポットの設定をする
 PCの、設定>ネットワークとインターネット>モバイルホットスポット
 で、モバイルホットスポットをONにします。
 ネットワーク名とパスワードは自由に編集できます。
(2)インターネットにつながっている無線ネットワークを切断する
(3)PC、PR3をロコネットに接続し、JMRIからwithrottle serverをスタートする。
(4)スマホのwifi設定で、モバイルホットスポットで設定したネットワークに接続する
(5)スマホでwithrolleアプリを起動する。

 これでうまくいきます。
 (2)をしておくことがポイントで、(2)の段階でPCにつながっているネットワークがモバイルホットスポットしかなくなるので、(3)の段階でwithrottle serverが自動的にモバイルホットスポットにつながるのだと思います。
 これで、運転会に持っていく機器を一つ減らすことができます(^^)。

2017年10月31日 (火)

スマホでDCC(9)  JMRIの Start up 機能

 JMRIを起動するとき、必要なファイルを自動的に読みこんだり、必要なアクションを自動起動するように設定しておくと、万事もろもろ楽珍であることを、模型仲間から教えていただきました。
 DecorderProの「Edit」タブから「preferences」を開きます。左のメニューから「Start up」を選び
 
Qs_20171031224506
 
 「Action」タブを開いて、「アクション追加」をクリックし、プルダウンメニューから「Strat WiThrottle Server」を選ぶ。
 
Qs_20171031224534
 
 「File」タブを開いて、「ファイル追加」をクリックし、すでに作成してあるパネルファイルを選ぶ。
 保存して再起動する。
 
 これだけで、DecorderProを起動直後に、スマホでDCC運転が可能になります。おまけに、ポイント切り替えも、準備操作なしで可能です。
 
 なお、パネルを作るかわりに、ターンナウトテーブルを保存して、そのファイルを上記の方法でStart upに登録しても、ポイント切り替えが準備操作なしでできるようです。
 
 これでJMRIを使った「スマホでDCC」の敷居が一挙に低くなったように思います(^^)/。
 ありがとうございました。持つべきものは仲間ですね。

2017年10月28日 (土)

KATO両渡りポイントモジュールにLED設置

 KATO両渡りポイントモジュールに転換方向表示用のLEDを取り付けました。
 KATO両渡りポイントは、4つのポイントで構成されていて、手動では個別に転換できますが、電動では4つ一度に作動し、全体としてパラレルかクロスかのどちらかに切り替わります。
 4つのポイントはいずれも選択式で、内部にスイッチを持っていて、先端レールの切替えと連動して、図のP、Qの部分のレールが開通方向に給電されます。開通していない側は無電となります。整理すると、下の表のようにスイッチングされます。
 
Qs_20171028160255
Qs_20171028161822
 これを利用し、PレールとNレール、QレールとSレールの間にLEDを接続すると、開通方向のLEDが点灯することになります。
 
Img_4302

Img_4304

 配線にあたっては、内部スイッチの接点にリード線をはんだ付けして、外側にリード線を引き出しました。また、LEDと直列に、電流調整用の抵抗と整流用のダイオードを挟んであります。DCCでの運転を前提としていますので、車両の進行方向にかかわらず、上の回路でLEDが点灯します。
 
Img_4307
Img_4305
 
 ポイント操作は電動を前提にしていますので、4つあるポイントのうち、1つだけの内部スイッチからリード線を引き出して、LEDを接続すればOKです。電動でパラレルに切り替えれば白のLEDが、クロスに切り替えれば黄色のLEDが点灯します。
 結果は良好です。最近の高輝度LEDはまぶしいほど視認性が良く、運転会でのウォークアラウンドには必須アイテムといえましょう。

2017年10月10日 (火)

スマホでDCC(8) LNWIを使う

 Digitraxから、無線でロコネットをコントロールするデバイス「LNWI」が発売されましたので、さっそく買って試してみました。
 従来のDigitraxの無線システムはUR92とDT402Rを組み合わせるものでしたが、無線の規格が少々特殊なので、スマホでのコントロールができませんでした。LNWIは一般の無線LANと同じ規格を使っているので、スマホでのコントロールが可能になります。現在のところ、iPhoneのWiThrottleとAndroidのEngineDriverに対応しています。
 LNWIを使うと、PR3やパソコン、無線LANルーターを使わないで、スマホでDCCが楽しめます。
 
Img_42551
 
 配線は、上の写真のように、コマンドステーションとLNWIをロコネットケーブルでつなぐだけ。これだけでロコネットの信号が無線で飛びます。
 
Img_4257

 スマホ側でwifiの設定をすると、「Dtx1-LnServer_0XXX-7」というSSIDの電波が飛んでいるのがわかります。このSSIDを選んでwifi接続し、WiThrottleやEngineDriverを起動すると、あとは普段と同じように運転ができます。
 なお、LNWIの発売に合わせて、WiThrottleはバージョンアップしてLNWIへの対応をしたようです。新バージョンでは、ポイントのアドレスを簡易キーボードから選んで切り替えができるようになりました。
 
Img_4258
 
Img_4259
 
 運転画面からファンクションウインドを右にスワイプすると、UserTOなる画面が現れます。これをタップすると、簡易キーボードが現れ、数字でアドレスを選択して、Tボタン、Cボタンでポイントの切り替えができます。
 
Img_4260
 
 これで、通常の運転では、PC要らずになりました。ただし、LNWIに同時接続できるのは4台までだそうで、これ以上の人数で同時運転を楽しむ場合は、従来通りPR3を通してPC上のJMRIで運用し、5GHzルーターで無線を飛ばすのがよいようです。

西鉄北九州線1000形

 鉄コレ 熊本市交通局5000形 (最終塗装車)を塗り替えて、西鉄北九州線1000形にしました。色はクリーム4号と湘南色黄かん色のツートンカラーです。地元北九州では「タクシー色」と呼ばれているそうです。北九州線の塗色は二転三転しましたが、私はこの時代の色が一番好きです。

Img_4245

Img_4250

 こちらは実物の写真。1978.12.24 砂津にて。

Img010

2017年8月16日 (水)

Nホイホイ専用軌道に草地の表現

 ずっと昔にNホイホイの路面軌道を作りました。その詳細は
に記載しています。
 このとき、併用軌道部分については、敷石や舗装道路の表現を施したのですが、専用軌道部分については、ベニヤ板にニス塗りのまま放置していました。
 このままでは不格好なので、11月の運転会で使うのを機に、NホイホイT(http://firefly1106.cocolog-nifty.com/yamtram/2015/12/nt4-2e4e.html を参照)と同様に草地の表現を施しました。
 
Img_4142_1024x768
 
 まず、犬走りの部分に、アサヒペンの水性 MUG color ライトグレーを水で薄めて筆塗りします。塗装の基本として、薄めの塗料を複数回塗り。今回は二度塗りでOKでした。
 
Img_4135_768x1024_5
 
 KATO固定式レールを使っている部分にはバラストを撒きます。この部分は、高さをユニトラックと合わせるために、あらかじめベニヤ板で道床を敷いていて、後々バラストを撒くことを想定して、路肩をテーパーにしておいたのですが、バラストを撒くとテーパー部分にはうまく砂が乗ってくれないので、テーパー部分に両面テープを貼った上で砂を撒きました。バラストは、KATOユニトラックタイプを使用しました。
 バラストを撒いた後、木工用ボンドを水で薄め、中性洗剤を加えて表面張力をなくしたものを、垂らしていき、一晩乾かして固定しました。
 
Img_4136_768x1024_2
 最後に犬走の外側部分にTOMIX レイアウトマット グリーンミックスを切り貼りして完成です。
 
Img_4137_1024x768
 
曲線モジュールは、シーナリーマットのカットに手こずりました。
 
Img_4140_1024x768
Img_4145_1024x768_2
 Img_4150_1024x768

2017年7月26日 (水)

2017_07伊丹運転会

伊丹で運転会をしてきました。

 今回のお題は「HOスケール」。
 ヨーロッパ型1/87:16.5mmあり、日本型1/87:12mmあり、日本型ナロー1/80:9mmありの、楽しい運転会でした。
 当社からは鉄コレナローを持参し、ゆったりと楽しみました。
Img_4123_2
Img_4124_6
Img_4126

2017年1月 3日 (火)

2017年新年運転会

 大和川電軌・2017年の新年運転会のようすです。

 今回は大和川電軌本体に4線ヤードと8の字ループを接続してレイアウトを組みました。

Img_3650

Img_3652
Img_3651_2
 11月の御殿場運転会に備えて整備した、京都市電+叡電で遊びました。

Img_3649
 2016年は、メインロードに舗装の表現を施し、ずっと路面電車らしくなりました。

Img_3661
Img_3662
Img_3655
Img_3656
Img_3660
Img_3658

2017年は舗装部分の延長と、ストラクチャの整備に力を入れたいものです。

2016年12月28日 (水)

Tomixミニ電動ポイントを非選択式に改造してLED装着

 Tomixミニ電動ポイントは元々完全選択式として設計されていますが、フログ部分が無電区間であること、先端レールが左右電気的に独立していることから、簡単な工作で非選択式に改造できます。この工作については
 http://firefly1106.cocolog-nifty.com/yamtram/2015/12/tomix-36da.html
をご参照ください。 

 スプリングポイントとして使うにはこれで十分なのですが、この方法ではせっかくの内部スイッチを殺してしまうことになり、もったいない改造であるといえます。電動ポイントとして使い、分岐方向をLEDの点灯で示すようにするためには、内部スイッチを活かしたいところです。
 そこで、2つある内部スイッチのうち、一方をLED切り替え用にするため、下図のような改造をしました。

Img_3624
 Gはプリント基板の銅箔部分を三角やすりでやすってギャップを切った部分です。
 Lは基板に穴を開け、裏からスズメッキ銅線を差し込んでハンダ付けし、外付けリード線を設けた部分です。
 Bは0.1t銅箔をハンダ付けして橋渡しをした部分です。同時に、下図Bの部分のレール間ギャップも、スズメッキ銅線で橋渡しをしておきます。

Img_3628

 外付けのリード線は、その先に下図のように、白と黄色のLEDを接続します。回路図で右側のダイオードは整流用です。なお、DCCでの利用が前提なので、レール間には常時12V程度の交流電圧がかかっているとお考えください。

Qs_20161228225000 下が完成して、試験をしたところです。結果は良好。視認性は抜群です。

Img_3625_2

Img_3626_2

2016年11月23日 (水)

京都市電1800型

 11月運転会のために、びわ工房の京都市電1800を組みました。

Img_3540

 びわ工房のキットでは、動力はMODEMO都電動力を使うことになっているのですが、鉄道コレクションのTM-TR01を使いました。

 鉄コレ動力はMODEMOより幅が狭いので、車体側にプラ板でスペーサーを取り付け、幅の調整をしました。

Img_3532
Img_3538




«京都市電5000型