2018年7月22日 (日)

緑化軌道モジュール

 最近は実物でも緑化軌道を導入している路線が増えてきていますので、当社でもNホイホイの緑化軌道モジュールを作ってみました。

Img_4775
 道路部分には5tのスチレンボードを両面テープで貼って高さ調節をし、すき間が空くかもしれない部分を緑色に塗って下地を整えます。また、複線道床の間になる部分には凹みを埋めるために幅8mmの0.5tプラバンを貼っておきます。
Img_4776
 TOMIXのレイアウトマットの裏に両面テープを貼り、図のような幅に切って、両面テープの裏紙をはがして線路に貼ります。カーブの部分は直線に切ったものをだましだまし曲げながら貼ります。

Flagstone01
Img_4777
 最後に、舗装道路を表現するために、ねずみ色1号(GMの9番)に塗ったプラバンを道路部分に両面テープに貼って、できあがりです。
Img_4778_3
Img_4780
Img_4791
Img_4795

2018年5月 3日 (木)

トラバーサー車庫モジュールの製作(3) 線路の敷設と配線

 台枠をグレーに塗装し、トラバーサをはめ込んで、線路を敷き、配線しました。
 
Img_4661_2 
Img_4659
  TRIXのトラバーサには、コントローラが付属しています。本体とコントローラを付属している8芯のフラットケーブルで接続し、コントローラから出ている4本のリード線を走行用電源およびトラバーサ制御用電源に接続します。4本のリード線のうち、白黒が制御用電源、赤青が走行用電源です。制御用電源は直流14Vまたは交流22Vという指定があります。大和川電軌はDCC前提なので、どちらもまとめてDCCの出力につないだところ、DCC出力はAC22Vもないので、動きが遅く、少々イライラします。そこで、制御用電源として暫定的にフルスロットルにしたKATOのパワーパックにつなぎました。下の動画はKATOパワーパックを制御用電源に使ったものです。
 そのうち、別途専用の電源を仕入れようと思っています。
 
Img_4660
  走行用の電気はトラバーサのデッキに送られます。一方、留置線は7線あるうち、どれか1線に別途給電しておけば、デッキが接続している留置線に自動的に給電されます。したがって、左右それぞれ1線、計2線に給電しておけば、用が足ることになります。留置線左右各1線にフィーダーを設け、これとコントローラからの赤青リード線をまとめて、DCC出力に接続すれば、配線はOKです。
 

 
 車両を並べて試運転。至福のときですねぇ。

2018年1月21日 (日)

ブックシェルフ・レイアウト

 年末の大掃除で、本棚の一段を空にし、Nホイホイモジュールと建物を置いてみました。結構素敵です。
 さっそく、MaBeeeのモバイル・パワーパックを接続。これで、配線しなくてもいつでも気が向いたときにスマホで運転できます(^^)。

Img_4530

Img_4531

MaBeeeでモバイル・パワーパック

 MaBeeeを使って、モバイル・パワーパックを作ってみました。
 
 
 屋外に鉄道模型を持ち出して、乾電池でコントロールすることは、従来から多くの人が行っていたと思います。コントロールのためにSCRやトランジスタを組み込んだハンディコントローラを作った方も多いのではないでしょうか?
 しかし、ハンディコントローラを作ったり、接続したりするのはそれなりに面倒なので、MaBeeeを利用して、スマホでコントロールすることを考えました。 
 
 MaBeeeは、Bluetoothを使って電池の出力をコントロールできる乾電池型IoT製品です。詳しくは
をご参照ください。
 代表的な遊び方は、プラレールの電池に仕込んで、スマホでプラレールの車両を動かすことですが、前後進ができないのが唯一の不満。そこで、走行用のMaBeeeとは別に、前後進切替のリレーを駆動するためにもうひとつMaBeeeを使いました。
 
Img_4527

Mabee
 
 回路図を上に示します。走行用にはMaBeeeに単3電池3つを直列につないで、6V電源としました。ビュンビュン走らせるのが目的ではないので、6Vで十分です。また、DCCのデコーダを装着した車両はある程度の電圧をかけないと反応しませんので、6Vは必要です。
 これとは別に逆転用のMaBeeeを用意し、1.5Vリレーを駆動して、走行用電圧の正負を逆転します。
 安全のために、ON/OFFスイッチを設けました。
 
 完成したモバイル・パワーパックを線路に接続し、車両をのせます。
(1) スマホで「MeBeeeコントロール」アプリを起動して、「ればー」を選びます。アプリの所在は
から。

Img_4525

(2) 画面左下の丸数字をタップして2つのMaBeeeとBluetooth接続をします。その際、例えば、走行用MaBeeeが青、逆転用MaBeeeはピンクのように色分けしておきます。

Img_4523
 
(3) 「ればー」画面に戻って、青のレバーで発進→停止、ピンクのレバーで前後進切り替えができます。

Img_4524
 
 たかが前後進だけのために2つ目のMaBeeeを使うのは贅沢ではありますが、MaBeeeが値下がりしてヨドバシで3,300円で売っていたので思い切りました。bluetoothで動かすリレーモジュールも2~3,000円ぐらいしますので。
 ちょっとした鉄ちゃんの集まりに、気軽に持って行って遊べます。スマホでコントロールできるのが今どき。「スマホでDCC」に慣れてしまうと、アナログ車両もスマホでなくっちゃね(^^)/。

2018年1月 8日 (月)

トラバーサー車庫モジュールの製作(2) 台枠の製作

Img_4519
 
 本体モジュールは4mm厚のシナベニヤに、205×285mmの各穴をあけ、9×30mmの角材を木ねじで留めて、台枠としました。
 付属モジュールも、4mm厚シナベニアと、9×30mm角材で組みました。
 
Img_4517
 
 トラバーサーを仮にはめてみたところです。
 
Img_4518
 
 ただし、これでは線路高さがユニトラックと合いませんので、トラバーサー本体の下に3mm厚のスペーサーを挟まなければいけません。

Img_4521

トラバーサー車庫モジュールの製作(1) 基本構想

 2017年の年末にMiniTrixのトラバーサーを購入。2018年の年明けからトラバーサー車庫の製作にとりかかっています。
 まずは基本構想から。
 
 まず念頭に置いたのは、次の3つのことです。
 
1. 使い方の汎用性を高めるため、固定した線路配置にしない。
2. 我が家の本棚に収めて常時鑑賞し、随時運転できるようにするため、全長を740mm以内にすること。
3. 運転会に持っていくため、運搬用コンテナに収納する必要から、一つのモジュールの長さを480mm以内にすること。
 
 そのため、以下の構成としました。
Qs_20180108171429
 
 Aがトラバーサー本体モジュールです。MiniTrixのトラバーサーは出入庫線を含めて7線あり、車庫線はフレキ線路を使うような構成になっています。本モジュールではKATOのユニトラックを使いたいので、トラバーサーから車庫線への取り付け線路として、トラバーサ部分(図の灰色の部分)の右側に37.5mm、左側に33mmのユニトラック端数線路を固定することとしました。33mmの左側が車庫線で186mmのユニトラックを接続します。
 Bは付属モジュールで、248mmのユニトラックを並べます。モジュールBをモジュールAの右側に接続すれば、車庫線の数を最大13線にすることができ、モジュールAの左側に接続すれば、車庫線1線あたりの長さを長くとることができます。
 
Qs_20180108171628
 
 車庫線として用いる186mmおよび248mmのユニトラックは、あえて固定せず、ジョイナーで接続するだけとし、図のように側面から車両が進入するような場合など、いろいろな場合にも対応できるようにします。

2018年1月 2日 (火)

新年運転会2018

 1/1早朝、年越し運転会用に敷設したメインラインのモジュールレイアウトを撤収。1/1夜に改めて大和川電軌の本体モジュールを敷設して、新年運転会を行いました。

 今年の車両は、11月の御殿場での運転会で活躍した、西鉄北九州線+筑豊電鉄の車両たち。それに富山LRTです。

Img_4496

Img_4501

Img_4498


年越し運転会2017

 我が家の2017年越し運転会でのようす。

 石炭列車はやぱり9600に引かせるのが似合う。対向列車は キハ17系4連ですが、最後尾はキハユニ16.鉄コレじゃないぞ。1970年前後の筑豊本線をイメージしています。



 
Img_4480
 
Img_4492
 

2017年12月23日 (土)

鉄コレナローDB1にデコーダ搭載

 鉄コレナローのDB1にデコーダを搭載しました。
 デコーダとしてはEM13を使い、キャブ内に搭載することにしました。
 
 まず、DB1をばらし、モーターユニットをとりだします。モーターにはプラ製のキャップがついていますが、伝導軸とは反対側のキャップのふたを、糸鋸とカッターで一部カットし、モーターの端子があらわになるようにします。
 
Img_4449
 
 次に、モーターの端子に接続されている金属板をカットして少し折り曲げ、モーター端子と電気的に切り離します。
 
Img_4450
 
 モーター端子と折り曲げた金属板に、リード線をはんだ付けします。
 
Img_4452
 
 モーター端子側のウエイトに絶縁のためにマスキングテープを貼り、モーターユニットを下回りにかぶせて組み立てます。
 
Img_4460
 
 モーターユニットカバーのうち、リード線と支障する部分の切り欠きを糸鋸で広げ、床板とモーターユニットカバーを上からはめます。
 
Img_4457
 
 本体のエンジンカバー天板に細長い穴をあけ、リード線を通して上からかぶせます。
 
Img_4459
 
 リード線を適当な長さに切りそろえ、デコーダ(EM-13)を配線します。EM-13は足を短くカットしておきます。
 
Img_4461
 
 エンジンカバーの側面と全面を取り付け、キャブ部分をかぶせて固定し、できあがりです。
 
Img_4463
 
 試運転の結果は上々。スローもよく利きます。アナログでの運転とは違って、ポイントの無電区間など、集電の怪しいところでは一瞬停止してまた動きますが、これはDCC特有の現象ですので、仕方ありません。

2017年12月10日 (日)

トラバーサーがやって来た!

 minitrixからトラバーサーが発売されましたので、意を決してlippeで購入しました。

https://www.modellbahnshop-lippe.com/produkt/Trix/8-2-0-256992-004014-0-0-0-0-2-0-grp-gb-p-0/ein_produkt.html

 到着後、さっそく試運転。  さて、どうモジュール化するか、楽しみです。

«スマホDCC(10) モバイルホットスポットを使う